スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
LDLの中の真の「悪玉」、解明?
2008-07-02 Wed 23:30
悪玉コレステロールと名高い「LDLコレステロール」。

一体どこが悪いのか?

その謎の一端が解明されつつあるようです。

毎日.jpより

引用開始---

コレステロール:「悪玉」成分 東北大教授らが解明

 「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールのうち、動脈硬化を促進するのは成分の一つの「酸化LDL」であることを、東北大の片桐秀樹教授(代謝学)らがマウスの実験で確かめた。1日付の米医学誌「サーキュレーション」に掲載された。

 酸化LDLはLDLコレステロールが酸化したもので、LDLコレステロール全体の中のごくわずかな成分。

 片桐教授らは、高LDLコレステロール血症のマウスの肝臓に酸化LDLを蓄積させる遺伝子を導入。血液中のLDLコレステロール全体の量はほとんど減らさずに、酸化LDLだけを3分の1程度に下げた状態を作り出した。

 4週間後、普通の高LDLコレステロール血症マウスは全身の動脈硬化の病変部分が実験前より約4割増加。一方、酸化LDLだけを減らしたマウスは動脈硬化がまったく悪化しなかった。また動脈硬化促進物質の過酸化脂質などの血中濃度も減少した。

 LDLコレステロールは細胞膜の材料などになる物質もあり、薬でLDLコレステロール全体を下げ過ぎることを懸念する専門家もいる。片桐教授は「酸化LDLだけを減少させる治療法が開発できれば、安全に動脈硬化の進行を抑制し、心筋梗塞(こうそく)の発症予防ができるようになる可能性がある」と話している。【大場あい】

---引用終了

へぇぇーーー。
って感じですね。

コレステロールとか、動脈硬化とか全然詳しくないんであまりコメントできませんが、なんだかすごい感じがします。
悪玉コレステロールって言われて邪魔者扱いされてるLDL-Cですが、完全になくすわけにもいかないやっかいものです。
LDL-Cの真の悪玉のみ叩いて、疾病の予防につながるのならばいいですね。
研究の進展に期待です!
別窓 | 業界トピックス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ホルダー問題。 | sa-yu-riのお仕事日記 | プール熱、流行中。>>
この記事のコメント
私も「酸化LDLを蓄積させる遺伝子」が
あるということは初耳でした。
(ヒトでも発現してるのでしょうか)

ヒトの動脈硬化患者においてこの遺伝子が
どう動いているかが気になるところです!
2008-07-04 Fri 00:14 | URL | holy #1FLuZdio[ 内容変更] | top↑
> holyさん
そうですねー。
ヒトでの研究が進むといいですね。

LDL-Cって悪い悪いって一般的に言われるけど、中身はみんな知らないのだからこーいう基礎からきちんと知っておきたいです。
2008-07-04 Fri 07:55 | URL | sayuri #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。