FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ホルダー問題。
2008-07-03 Thu 00:16
まだ勉強不足なのですが…。

最近マスコミで「採血管ホルダーの使いまわし」について医療機関を叩く報道がされています。

あれ、医療や採血を知らない記者が言い出したんでしょうねー。

最初は血糖測定のための採血器具の先端部分(針ではない)の複数人使い回し、に関する報道だったはずです。

確かにそれは使いまわしはダメなはず。

しかしいつからか真空採血管の採血管ホルダーに話がすり替わっていました。

採血管ホルダーは針とは別です。

もし採血に失敗して血まみれになったホルダーを次の人に使用したなら問題ですが、通常の使用では感染の危険は考えられません。

ただし科学の世界「絶対ない」とは言い切れません。
確かにホルダーからの感染リスクが「ある」と報告しているエビデンスもあるそうです。

しかしそのエビデンスの範囲を超え、話が一人歩きしているようです。

私はこのエビデンス、そして平成17年に出された採血に関する厚労省からの通達などまだ読めていません。

だから、ハッキリとはいえないのですが…。

今回の報道。

吉兆の食品使い回し騒ぎと同じノリで報道されていますが、全然違います。

医療器具に詳しくない記者が勘違いして書いたとしか思えません。

もう少し勉強してから再度記事をあげるかもしれません。
今日はこの辺で。
別窓 | 業界トピックス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<季節はずれですが、インフルエンザの話。 | sa-yu-riのお仕事日記 | LDLの中の真の「悪玉」、解明?>>
この記事のコメント
いまさらですが、、、

血液検査の際に遠心管みたいなのを
シリンジ様器具にセットして血液が採られていくのを
これまで何度も見てきましたが、
あれこそが“真空採血管”だったのですね!

考えてみれば自然状態で静脈血があんなに勢い良く
流入するわけがありませんよね。。。
2008-07-04 Fri 00:20 | URL | holy #1FLuZdio[ 内容変更] | top↑
> holyさん
そうです!真空採血管といいます。

これが登場する前は、シリンジ採血して、各検査ごとにスピッツに分注して(検査によって入れる処理剤が違うので)…という手順だったのでしょう。
これは針刺し事故も起きやすかったようですが、そんな採血現場を変えたのが真空採血管なのでし。

今、現場はかなり混乱しているようです。
さらにルダーが品切し、入手困難な状況のためシリンジ採血を復活させているところもあるようです。

とりあえずしばらくは目が離せないニュースです。
2008-07-04 Fri 08:15 | URL | sayuri #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。