FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大野病院医療事件、判決下る。
2008-08-20 Wed 22:35
はい、復活第1弾はやはりこの話題でしょう。

医療界全体で議論となったこの事件。
医師の「産科離れ」を加速させたこの事件。

通常の「医療」を行ったが残念ながら救命できなかった場合
悪質なカルテ改ざん、隠ぺいなどをしていない場合

それでも医師は過失を問われるのか?

そもそも出産が非常に危険なものであるという認識が世の中に欠けているのではないか?

そして露呈した医師法21条の曖昧さ、危険さ。

産婦人科学会、日本医師会などを巻き込み大論争となったこの事件。

・・・注目の判決が、今日出ました。

毎日.jpより

引用開始---

福島・大野病院医療事故:産科医に無罪判決 術中の判断「正当」--地裁
 ◇帝王切開で妊婦失血死

 福島県大熊町の県立大野病院で04年、帝王切開手術中に患者女性(当時29歳)が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医(休職中)、加藤克彦被告(40)に対し、福島地裁は20日、無罪(求刑・禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。鈴木信行裁判長は、最大の争点だった胎盤剥離(はくり)を途中で中止し子宮摘出手術などへ移行すべきだったかについて「標準的な医療水準に照らせば、剥離を中止する義務はなかった」と判断の正当性を認め、検察側の主張を退けた。

 加藤医師は04年12月17日、帝王切開手術中、はがせば大量出血する恐れのある「癒着胎盤」と認識しながら子宮摘出手術などに移行せず、クーパー(手術用はさみ)で胎盤をはがして女性を失血死させ、医師法21条が規定する24時間以内の警察署への異状死体の届け出をしなかったとして起訴された。

 争点の胎盤剥離について、判決は大量出血の予見可能性は認めたものの、「剥離を中止して子宮摘出手術などに移行することが、当時の医学的水準とは認められない」と判断した。医師法21条については「診療中の患者が、その病気によって死亡したような場合は、届け出の要件を欠き、今回は該当しない」と指摘した。

 医療行為を巡り医師が逮捕、起訴された異例の事件で、日本医学会や日本産科婦人科学会など全国の医療団体が「結果責任だけで犯罪行為とし、医療に介入している」と抗議声明を出すなど、論議を呼んだ。公判では、検察、被告側双方の鑑定医や手術に立ち会った同病院の医師、看護師ら計11人が証言に立っていた。【松本惇】
 ◇「県警としては捜査尽くした」

 福島県警刑事総務課の佐々木賢課長は「県警としては、捜査を尽くしたが、コメントは差し控えたい。細かい争点については(裁判所の判断が)まだ分からないので何とも言えない。県警は医師に注意義務があるとして検察へ送ったが裁判所はそう認定しなかった」と話した。

==============

 ■解説
 ◇「医療の責任追及」に影響

 地方の産科という医師不足が最も著しい現場で起きた大野病院事件は、「医療崩壊」の象徴として、医療界からかつてない注目を集めてきた。福島地裁は、争点になった胎盤はく離継続の判断に過失はなかったと結論付けたが、リスクを抱えた手術に取り組む多くの医師にとっては、逮捕、起訴自体が衝撃的だった。今回の無罪で警察・検察の捜査への批判も強まるとみられ、医療事故の真相解明と責任追及の在り方を巡る議論に大きな影響を与えそうだ。

 産科医が減り続けている原因は、勤務の過酷さに加え、訴訟リスクの高さにあると言われる。大野病院には加藤医師以外の産科医がおらず、しかも事件になったのは非常にまれな症例だ。医師側が「通常の医療行為で患者が死亡しても刑事責任を問われるなら、医療は成り立たない」と危機感を持ったのは当然とも言える。一方、患者としては、病院側の対応に納得がいかなければ、真相解明を司法に頼るしかない。「代替手段がない以上、医療事故に捜査当局の介入も必要だ」と被害者側は訴え、当局もそれに応えざるを得ない。

 医療行為の責任追及については、警察・検察内部にも「本来は専門家が判断すべきだ」との声がある。国は事件を契機に、医療の専門家を中心とした死因究明の第三者機関「医療安全調査委員会」の設置をめぐる議論を進めた。刑事訴追が医療の萎縮(いしゅく)や医師不足を招くのは、医師と患者双方にとって不幸だ。互いが納得できる制度の整備が急がれる。【清水健二、松本惇】

==============

 ■ことば
 ◇癒着胎盤

 一般に分娩(ぶんべん)後、胎盤は自然に子宮壁からはがれるが、胎盤の絨毛(じゅうもう)が子宮筋層に入り、胎盤の一部または全部が子宮壁に癒着して胎盤がはがれにくくなる疾患。発生率は数千~1万例に1例と極めて低い。

==============

 判決要旨は21日朝刊に掲載します。

毎日新聞 2008年8月20日 東京夕刊

---引用終了

まず、安堵しました。
正直言って、ほっとしました。

もちろん亡くなった女性は我が子を抱くこともできず、この世を去ることになり、非常に無念だったと思います。
心からお悔やみ申し上げます。
遺族の方の胸中も察するに余りあります。

しかし。
この事件は。

「医療過誤」ではなかったと思います。

この裁判によっていろんな問題が明るみに出て、議論の機会が与えられました。
医師法21条です。
ここで医師法21条問題を語ると長くなってしまうのでまた別の機会にしますが、この条文にスポットライトが当たることになったのは良かったと思います。
更なる議論を望みます。

医療に関わる人間としてこの事件は注目していました。

この事件をきっかけに世の中の医療への認識が高まることになり、それはよかったのかもしれないな、と思っています。

また何か動きがあれば記事します。
別窓 | 業界トピックス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<GE薬の流通にクロネコヤマト?!卸いらないってか?! | sa-yu-riのお仕事日記 | ご無沙汰でした。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。