FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
車間距離をとると本当に渋滞は防げる?
2008-08-23 Sat 21:09
ちょっといつもとは違う記事を取り上げてみました。

実は運転免許を持っていない今どき珍しい私。

あんまり車に関するネタにはついていけないし、興味もないのですが…。

これは面白そうなので取り上げてみます。

YOMIURI ONLINEより

引用開始---

「車間距離とれば渋滞抑える」中央道・小仏で16日に実験

 お盆休みのUターンラッシュが予想される「渋滞の名所」中央自動車道の小仏トンネル(東京・神奈川都県境)付近の上り車線で16日、十分な車間距離が渋滞の発生を抑えるかどうかを確認する実験が行われる。

 実験を企画した西成活裕・東大准教授(渋滞学)によると、混雑する道路では、先行車両が軽くブレーキを踏んだだけで、車間距離が詰まった後続の車も減速する。これが繰り返されるうち、「渋滞の波」が増幅され、十数台後ろの車は停止しなければならなくなる――というのが渋滞の仕組み。上り坂の始まりやトンネルの入り口などが最初の「渋滞の種」になりやすい。

 実験では、大学院生らが6台の車に分乗し、40メートル以上の車間距離を保ちながら、相模湖―八王子インターチェンジ間を走る。車間距離は渋滞の芽を摘み取り、渋滞の波が後ろに広がらないようにするのが狙いだ。

 実験後、全地球測位システム(GPS)による位置情報やビデオの記録を分析し、実際に渋滞緩和に役立ったかどうか検証する。

 西成准教授は「効果が確認できれば、安上がりな対策として道路管理者に提案したい」と話している。

(2008年8月15日16時39分 読売新聞)

---引用終了

これは面白い実験ですよね。

というか。
「渋滞学」という学問があることにびっくり。

この実験が行われる「中央道・小仏トンネル」は結構地元なので(おっと身元がばれそうだw)、そこも注目ポイントの一つ。

6台の車が渋滞を防ぐことができるか?!
結果が楽しみです。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<カ・・・カルシウム味?何それ? | sa-yu-riのお仕事日記 | オオサンショウウオみな親戚?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。