FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大野病院裁判、控訴断念。
2008-08-29 Fri 23:06
大野病院医療事件続報。

以前本ブログでも取り上げました。
大野病院医療事件、判決下る。

検察側控訴断念というニュースが報じられました。

YOMIURI ONLINEより

引用開始---

「帝王切開」大野病院事件、福島地検が控訴を断念

 福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術を受けた女性(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死罪などに問われた加藤克彦医師(40)に無罪を言い渡した福島地裁判決について、福島地検は29日、控訴を断念すると発表した。
Click here to find out more!

 裁判では、子宮に癒着した胎盤をはがし続けた加藤医師の処置が医学的に妥当だったかが争点になったが、20日の判決は、検察側の立証について「根拠付ける臨床例を何ら示していない」と指摘していた。

 控訴断念の理由について、同地検の村上満男次席検事は「控訴しても裁判所の判断を覆すのは困難と判断した」と述べた。

 現在、休職中の加藤医師は、「ほっとしています。(逮捕後の)2年6か月はとても長かった。これからも地域医療に私なりに精いっぱい取り組んでまいります。改めて(亡くなった)患者さんのご冥福(めいふく)をお祈り申し上げます」と、弁護団を通してコメントを出した。

 一方、死亡した女性の父、渡辺好男さん(58)は、読売新聞の取材に対し、「娘が死ななければならなかった理由は十分明らかになっていないと思う。有罪、無罪に関係なく、それを知りたい」と語った。
(2008年8月29日20時50分 読売新聞)

---引用終了

ま、当然っちゃ当然。

これからはこの事件で示されたたくさんの問題・課題について議論を深め、医療の現場が少しでも良くなれば・・・と思います。
別窓 | 業界トピックス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<だからさ・・・そのネーミングセンス、どうなのさ? | sa-yu-riのお仕事日記 | 難病腸炎発症メカニズム、明らかに。>>
この記事のコメント
>「娘が死ななければならなかった理由は
>十分明らかになっていないと思う。

恐らくどのような結果(判決)になっても
納得はされないのでしょうね。
我が娘を亡くしたのですから
当然のことです。
が、公平・公正な世論を形作るのは
私達市民ですから、
研ぎ澄まされた洞察力を養いたいものです。
2008-08-31 Sun 00:10 | URL | holy #1FLuZdio[ 内容変更] | top↑
> holyさん

そうなんですよね。

亡くなってしまったのだから納得できない気持ちは痛いほどわかります。

ですが、この事件は「事件ではない」

これが真実なのではないでしょうか。

加藤医師が医師として再スタートできることを願っています。

この事件に関しては今後も取り上げていきたいと思います。
2008-08-31 Sun 18:44 | URL | sayuri #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。