スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キターーーーーー!!ノーベル化学賞、GFP!!!
2008-10-08 Wed 22:29
連日のノーベル賞ネタ。

化学賞も発表になりました。

ついに・・・来ました!

生命科学をかじった人間ならだれでも知ってる光るタンパク質、GFP。

GFPを発見、精製し、光る機構を解明した下村脩先生がノーベル化学賞受賞です!

GFPは私もちょろっと使ったことがありますが、紫外線を当てるとあやしく光るGFPは本当に綺麗です。


MSN産経ニュースより

引用開始---

【ノーベル化学賞】下村氏受賞、クラゲの緑色蛍光タンパク発見
2008.10.8 19:47


 スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2008年のノーベル化学賞を、米ボストン大名誉教授、下村脩氏(80)ら3人に授与すると発表した。下村氏は京都府出身で、米マサチューセッツ州在住。

 下村氏らは飛躍的に発展している生命科学分野で欠かせない“道具”となっている緑色蛍光タンパク質(GFP)を発見した。

 日本人のノーベル賞受賞は、7日に物理学賞で受賞が決まった米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授の小林誠氏、京都大名誉教授の益川敏英氏の3人に続く快挙。日本人受賞者は計16人で、化学賞は02年に受賞した島津製作所フェロー、田中耕一氏以来5人目。

 GFPは紫外光を当てると、その光を吸収して緑色に輝き出すタンパク質。下村氏が渡米中の1961年にオワンクラゲから発見した。GFPを作り出す遺伝子をほかの生物のDNAに組み込み、特定のタンパク質を機能させると緑色に光る「標識」として使える。タンパク質の働きを見えるようにする道具として生物学や医学、創薬など幅広い分野で利用されている。

 下村氏は昭和3年8月、京都府生まれ。長崎医科大付属薬学専門部(現長崎大薬学部)卒業後、助手を経て35年、名古屋大で理学博士号を取得、米プリンストン大研究員。名古屋大助教授などを経て57年、米ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員。平成13年、同研究所退職。19年、朝日賞受賞。


---引用終了

今日、会社帰りの電車の中で「昨日は物理学賞、今日は化学賞の発表だよなー」と思い、携帯でニュースを探し、下村先生の名前を見つけました。
あとの文章を読まなくても受賞した研究内容がわかりました。

それくらい生命科学の分野ではメジャーなタンパク質。

in situ(その場で、細胞を破壊せず)で目的の遺伝子の発現を知ることができる「レポーター遺伝子」として今日の生命科学の研究ではなくてはならないツールであるGFP。

生きた細胞が光る、生きたメダカが光る。
目的の遺伝子の発現臓器、発現タイミングを個体を殺すことなく知ることができる。
すごいです。
GFPが色素ではなくタンパク質であるからこれだけ有用なんですよね。
ホタルの発光システムであるルシフェラーゼもアッセイ系などでよく使われますが、ルシフェラーゼは酵素反応であり、基質が必要であることがGFPとは大きく違います。

でもどうやらGFPは知っていて使っていても下村先生のことは知らない方も多いようで。
そんな方、是非以下の記事もお読みください。

MSN産経ニュース

下村先生の研究の歴史を読むと感動します。

自然科学の研究において「ツール」を発見、発明するということはその後に多くの研究成果を生み出すきっかけになります。
それはやはり高い評価を受けてしかるべきであると思います。
たとえば2007年ノーベル医学生理学賞受賞はノックアウトマウスの作出、2006年のノーベル医学生理学賞はRNAiの発見でした。
そしてPCRを発明したマリスは1993年のノーベル化学賞を受賞しています。
これらのツールの発見に関わる基礎研究は大概地味で地道な研究だと思います。
こういった道を乗り越え、偉大な成果を生んだ偉大な研究者たちに感謝をしなくてはいけないと感じます。

ホントにおめでたいニュースでした!
別窓 | 業界トピックス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<医薬品卸、大規模合併へ。 | sa-yu-riのお仕事日記 | もやしもん、醤油文化賞受賞!>>
この記事のコメント
なるほどー、
歴代の受賞が「ツール」の発見という見方は、
大変に的を得た捕らえ方だと思います!

GFPは私も使っていました!
でも誰が発明したのかはよくは分かってはいませんでした。
「あぁ、たしか日本人が発明したんだっけ」という
程度です。
これではバイオサイエンスに関わる日本人として
恥ずかしいですよねぇ。。。

今回の化学賞は、日本の科学技術力の高さを
再認識するきっかけとなりました。
2008-10-09 Thu 22:36 | URL | holy #1FLuZdio[ 内容変更] | top↑
> holyさん

ツールの発見という偉大な研究のおかげで次の偉大な研究が生まれるわけですからねー。
ノーベル賞というのも納得です。

GFPはホントに日本が誇る研究成果ですよね!
GFPがなければ得られなかった研究成果は数えきれないくらいたくさんありますよね。

今年は日本のノーベル賞ラッシュで、日本ってもっともっといけるんじゃない?って思えますね!
2008-10-09 Thu 22:53 | URL | sayuri #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。