FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あやしく光る青色蛍光タンパク質!
2009-04-07 Tue 22:41
下村博士のノーベル賞受賞で話題のGFP。
いまや緑だけではなく、赤や黄色なんかに光るものもあります。

でも、青系は開発が難しかったそうです。

北大で青色の蛍光タンパク質が開発されたそうです!

YOMIURI ONLINEより

引用開始---

群青色の「蛍光たんぱく質」北大グループが開発

 北海道大電子科学研究所の永井健治教授らの研究グループは、強い酸性やアルカリ性の中でも高い発光能力を持ち、退色しにくい群青色の「蛍光たんぱく質」の開発に成功した。

 青色系の蛍光たんぱく質の開発は世界で2例目。6日付の米科学誌「ネイチャー・メソッズ」電子版に掲載された。

 蛍光たんぱく質は、薬剤の体内での働きを確認する目印などに用いられている。ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が発見した緑色系や、赤色系が大半で、青色系はこれまで1種類しかなかった。

 研究グループは、緑色蛍光たんぱく質を構成するアミノ酸の一種トリプトファンの一部を、別のアミノ酸フェニルアラニンに置き換えたところ、群青色の蛍光たんぱく質ができたという。酸性、アルカリ性の程度を問わずに発光能力が高く、従来の青色系に比べ、退色する割合が約60分の1だった。

 永井教授は「酸に強い特性を生かし、胃の中などのたんぱく質の動きを直接観察したり、蛍光発色の繊維の開発への応用が考えられる」と話している。
(2009年4月7日07時24分 読売新聞)

---引用終了

青色の開発は2例目だそうです。
何だか意外な感じです。

青色のバラがなかなかできないように、青色の蛍光タンパク質は難しいということでしょうかねぇ。
青は神秘的な色で大好きです。
このタンパク質もとてもキレイですよ、リンク先から写真を是非ご覧ください。

しかも酸性環境に強いというのがすごいですね。
いろいろ応用できそうで期待できますね。
別窓 | 業界トピックス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<膵臓に甘さを感じるセンサーがあるらしい! | sa-yu-riのお仕事日記 | だから・・・そのネーミングどうなのさ?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。