FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ちょっと出遅れたけど、結核ネタなので一応。
2009-04-12 Sun 20:36
まぁ、今や結核といえばハリセンボンという言葉が頭をよぎる方が多いのではないでしょうか?

人気芸人コンビのハリセンボンの箕輪はるかさんが肺結核に感染、入院とのニュースが駆け巡りました。

あちこちで対応に追われているようですが…。

感染症を専門としている人間としては冷静にこのニュース見ないといけないよなぁ。。。

CHUNICHI Webより

引用開始---

肺結核の箕輪はるか 恋人、家族らに発病者はなし

2009年4月8日 紙面から

 女性お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるか(29)が肺結核で入院した問題で、調査に乗り出した東京都は7日、箕輪と最も接触した可能性の高い関係者の間に発病者がいないことを明らかにした。都は箕輪が所属する吉本興業や箕輪が出演していたテレビ各局などから情報提供を受け、箕輪と接触した可能性のある人について調査範囲を広げて発病者や感染者の有無の特定を急ぐ。吉本は都の調査結果を踏まえて所属芸人らに検査を勧める方針だ。

 これまでの調査では、箕輪とコンビを組んでいる近藤春菜(26)をはじめ、担当マネジャー2人やスタイリスト、箕輪の家族、箕輪の交際相手の放送作家せきしろ氏らはエックス線検査の結果、発病していないことが確認された。ただ発病していなくても結核菌に感染している恐れはあるため、エックス線検査と合わせて血液検査も実施。吉本によれば「今週中には結果が出る」としている。

 ハリセンボンはフジテレビの「志村屋です。」やNHK教育テレビの「天才てれびくんMAX」などテレビ番組7本、ラジオ番組1本、ウェブ上の番組1本のレギュラー出演を抱える売れっ子。今回の事態を受けてテレビ各局も対策に乗り出しているが、関係者の数が多く、対応に苦慮しそうだ。

 都が設置した電話相談窓口には6日に157件、7日も午後5時までに311件の問い合わせがあった。「ハリセンボンが出演した劇場やライブに行ったけれども大丈夫か、といった問い合わせが多い」(福祉保健局感染症対策課)という。

---引用終了

他にもニュース記事はたくさんありましたが、どれもみなさんご存知だと思いますので一本だけ引用しました。

ほらね。
結核は過去の病じゃないんです。
日本は未だ「結核中蔓延国」なのです。

今回はたまたま有名人だったのでパニック状態ですが、誰もが同じ状況になる可能性はあると思います。

結核菌を吸い込んでも発症する可能性は10%程度と言われています。
ですので、今のところ箕輪さんの関係者で発症者はいないようですが、この先発症者が現れる可能性もあります。
しかし、その発症者が本当に箕輪さんから感染したのかを証明するのは大変です。
(遺伝子解析をすれば、菌が同じクローンかどうかくらいは調べることはできますが…)

発症者が現れてしまったら、箕輪さんがきっと辛い思いをするんだろうと思うと切ないです。

結核はきちんと薬決められた期間服用すれば治る病気です。
今回の件はもちろん接触した可能性のある人は念のため検査を受けるべきだとは思いますが、マスコミは正しい情報を伝え、必要以上に一般市民を恐怖に陥れるようなことはしないでほしいです。

それにしても、濃厚接触者である相方さん、恋人(いたんだ!初めて知った!)やマネジャーさんは血液検査も受けたとのことですね。
おそらくQFTだと思いますが、これ陽性だったらどうするんだろう・・・。
やっぱり予防投薬するのかなぁ。

箕輪さんの早い回復をお祈りしています。
別窓 | 業界トピックス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「エチゼンクラゲ」が医療に応用!実用化へ。 | sa-yu-riのお仕事日記 | 実験器具から実験環境を汚染している・・・?環境ホルモン。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| sa-yu-riのお仕事日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。